メインコンテンツ

その他のコンテンツ

給湯器は換気に注意

昔の給湯器の多くは台所やお風呂に設置されており、燃料こそガスのためストーブのような燃料補給の必要はないのですが、換気は必要でした。現在でも、台所に設置されている旧型の給湯器を使用する際は、換気が不可欠です。お湯を沸かすと当然酸素が減っていき、一酸化炭素などの有害ガスが発生します。これを放置することで窒息死するという痛ましい事件が、たまに新聞に報道されます。最近の給湯器は、室外に設置されているものがほとんどであり、従来のような換気の必要は当然ありません。

また、燃料もガスから電気へと移り変わってきており、一酸化炭素中毒で死亡したというニュースは、古いアパートや民家でしか起きえない危険になっています。とはいえ、このような事故が未だに発生しているということは、旧型の給湯器に対する需要がまだまだあるということを意味します。最近の新築住宅のほとんどは、システムキッチンを使用しており、キッチンに給湯器を設置するようなことはありません。しかし、一部の住宅や安価な家賃設定をしているアパートでは、現在でも給湯器を台所に設置しています。

また、古くからの住宅では給湯用の配管をキッチンまで持ってくることが困難であったりするため、旧型の給湯器の需要は衰えることはありません。安価で手軽にお湯を供給してくれる給湯器ですが、このように一酸化炭素中毒の危険性と隣り合わせであることは忘れてはいけません。空気の汚れは目に見えないのですが、定期的に窓を開けて空気の入れ替えをする習慣をつけることが必要です。

■関連サイト
最新の給湯器を格安で購入出来る給湯器専門の通販サイトです・・・給湯器 通販